ご祝儀が払えないという理由での欠席
は辞めた方がいいです!

結婚式の参加ってお金がかかりますよね。。ご祝儀貧乏に・・・

人生に2度来るという結婚式ラッシュ。だいたい26歳の時に1回目がきて、29歳の時に2回目の結婚式ラッシュがくる人が多いようですね。

友人や同僚の幸せはうれしいですが、結婚式の参加はご祝儀だけでなく、二次会や交通費、ドレス代、スーツ、靴、美容院代とかなりの金額になります。「ご祝儀貧乏」という言葉があるくらいですからね。

平均的にはご祝儀が3万円、二次会が7000円です。遠方の結婚式の場合は往復の交通費もバカになりません。

さらに、女性はドレス代や靴、バッグ、美容院代とけっこうな出費になります。

だいたい、安くて4万円、高いと10万円ほどの出費が結婚式なのです。

こんな結婚式が1ヶ月に2回とか3ヶ月連続あった日には家計は大ダメージを受けてしまいます。ご祝儀貧乏にもなりますよね(^_^;)

ご祝儀払えないので欠席はダメ?

結婚式に呼ばれた時についつい考えてしまうのが、「ご祝儀が払えないから欠席しようかな・・・」ということですよね(^_^;)

もしくは、「お金がもったいないから欠席しようかな・・・」という人も多いと思います。

しかし、もしアナタが少しでもお祝いしたいという気持ちがあるなら、ちょっと無理してでも参加すべきです。

というのも、結婚式は新郎新婦にとって人生に1度の晴れ舞台です。

そんな晴れ舞台を「お金がない」とか「お金がもったいない」という理由で欠席するのは寂しいですよね。。

逆の立場になって考えれば分かるはずです。もし、結婚式に招待した友人が「お金がないから」という理由で欠席するとしたら、アナタはどう思いますか?

きっと、イヤな気分になるはずです。悲しい気分になるはずです。

なので、少し無理してでもお祝いしてあげるべきだと思います。

今はカードローンで5万円を借りて30日後に返済すれば利息はたったの739円です。

50000(借りた金額) × 0.18(実質年率) ÷ 365(日) × 30(借りた日数) = 739.726...

739円の利息をケチって、友人の一生に一度の晴れの舞台を「お金がない」という理由で欠席するなんて寂しいですよね。。

仕事している人なら、このくらいの無理はできますよね?

過去に少しでもお世話になった人なら、このくらいの無理はしてあげてでも、晴れの舞台をお祝いしてあげてもいいですよね!たとえ、ご祝儀貧乏になったとしても・・・。

さらに、プロミスなら初めての人なら30日間無利息です。30日以内に返済すれば、利息0円で結婚式の参加資金が借りられます!

お勧めのカードローン

私はプロミスで5万円借りて友人の結婚式に参加しましたが、他にもカードローン会社があるので、お金を借りたい人は参考にしてみて下さい。

パソコン、スマホから申込できます。360日24時間申込OK!

サービス 実質年率
融資額
審査時間
融資時間
特徴 対象
無利息期間あり
プロミス
4.5%〜17.8%

1〜500万円
最短審査30分

平日9:00〜14:50までにWEB契約完了で当日振込。
三井住友フィナンシャルグループのグループ会社
30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
借入れ3秒診断。
主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある場合は申込可能。
アコム
4.7%〜18.0%

1〜500万円
最短審査30分

平日9:00〜14:30までに手続き完了で当日振込。楽天銀行に口座をお持ちの場合は土日祝日でも振込可能。
三菱UFJファイナンシャル・グループ
30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。
モビット
3.0%〜18.0%

1〜800万円
最短審査30分

平日9:00〜14:50までに手続き完了で当日振込。
三井住友銀行グループ
「PCからWEB完結申込」なら申込み時に電話連絡と郵便物がなし。
10秒簡易審査。
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方でも安定した定期収入があれば利用可能。

利息の計算方法は以下の通りです。

利息額=借りた金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数

たとえば、10万円を実質年率18%で借りて15日後に返済した場合は

100000 × 0.18 ÷ 365 × 15 = 739.72....

となり、小数点以下は切り捨てなので、利息は739円となります。

2010年6月に貸金業法が改正され、グレーゾーン金利がなくなったので、利息はだいぶ低くなりましたよね(^_^)

人数合わせで結婚式に招待された場合には・・・

結婚式ラッシュの中、まれにずーと連絡をとっていない友達から人数会わせ的に結婚式に呼ばれることもあります。

さすがに、そんな時はカードローンでお金を借りてでも行きたいとは思いませんよね。。

お金に余裕があったとしても行きたいとは思わないかもしれません。。

そんな時は「お金がない」という理由ではなく、別の理由で欠席するといいと思います。

たとえば、「親類の結婚式があるから」「会社の出張があるから」「親が病気で実家に帰るから」などといった理由です。

結婚式は「お祝いしたい」という気持ちが少しでもあれば出席すべきだと思いますが、「お祝いしたい」という気持ちがないなら、無理して参加しなくてもOKです。

特に、独身の人は人の幸せばかりを祝っていると、いつしか少し寂しい気持ちになることもありますからね。。

ただ、結婚式や二次会は出会いの場でもあるので、独身の人ほど無理してでも出席すべきという見方もありますが。

おすすめサイト